ぞうさんとふぉと17

フォト・俳句・旅のブログ
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月

旅の途中ですが・・・

 庭にオリーブの小さな花が咲いていました…(´・`)
 しかし、これまでオリーブの実ができたことはありません。
 ペアとなる友の木が近くにないからのようです…(-_-;;


  オリーブの花


 ということは、ポパイの恋人オリーブのように、
 「我々も人生のパートナーが必要だ」ということですかね。

 う~ん、こじつけがきつ~い…(>_<)



   自然体のそれがいいのさところてん   ゆう



 明日から(1か月遅れの)旅を続けます…(^-^)v
スポンサーサイト
| Comments(0) | Trackbacks(-)

尾花沢から新庄を経て・・・

 JR奥の細道ゆけむりラインで鳴子温泉→古川へと行くと、
 東北新幹線で仙台は近い。

 

  仙台駅前



 先に八戸から久しぶりに途中下車した仙台駅の風景は記憶の中にありました。
 しかし、グルメ博士推薦のご当地グルメ「ずんだ餅とずんだシェイク」は、
 ワタクシ的には初めての経験…ハイカラな味でした…(^-^)v


    ずんだ餅とずんだシェイク



   夏めくやずんだシェイクのモダン味   ゆう



 一方、こちらは八戸の館鼻岸壁朝市で買った「お餅と焼きおにぎり」、
 昔なつかしい味でした…(´・`)


    朝市で・・・



   夏空や焼きおにぎりの醤油味   ゆう




 みちのくの旅日記は1か月遅れですが進んでいます…(-_-;;
 しかし、足の故障はすでに1か月…完治しません…(>_<)

 「健康が一番」・・・改めて身にしみました。
 早く元気な足とそこそこの「お足」でどこか遠くへ行きたいものです。


旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

一度は行きたかった・・・

 尾花沢市銀山温泉はJR大石田駅から約18Km、車で約30分です。

 江戸時代初期の銀山「延沢銀山」に由来しており、
 銀山川の両岸の大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が、
 昔ながらの独特の景観を示しています。


  銀山温泉


 この風景を一度は撮りたかった(本当は、雪景色の銀山温泉を)…(^-^)v



   新緑のいでゆの町の昭和かな   ゆう



 一方、グルメ博士は銀山温泉入口の足湯で、
 立ち食いサイズの手作り「とうふ」をいただきます…(^^;;


     手作りとうふ




   とりあえず足湯に浸かり冷奴  ゆう



 そして、渓谷の湯の町の大正ロマンは・・・日が落ちると一層ムーディになります…(´・`)


  夕闇の銀山温泉



  夜の銀山温泉
  RAWで撮って、カメラのアートフィルター(ファンタジックフォーカス)、
  ホワイトバランス4000Kで処理しています。



   夕闇の大正ロマンに風薫る   ゆう



 ところで、芭蕉は奥の細道の途中、尾花沢に数日間滞在していたようで、



   涼しさを我宿にしてねまるなり   芭蕉



 という句を残しています。


    芭蕉の句

 寛いだ我宿の玄関にありました…(・_・ )( ・_・)

旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

山形から大石田へ・・・

 向かう山形新幹線「つばさ」の車窓から(多分、最上川と思います)。


  大石田へ・・・
                                       旅の博士撮影。


 上手く撮れました。こういうこともあるのですね…(^^;;

 山形県の大石田町は、最上川が町の中央を流れています。
 また、大石田はそばの里として有名です。

 大石田駅舎の中のそば処は、そば粉すべて地元産100%の石臼焼きの十割そば、
 ということで、さっそく、山形の板そばをいただきます…(^-^)v



     大石田の板そば



     板そばが花より好きと君は言ひ   ゆう



  また、大石田駅舎の展望台からは真っ白な鳥海山が見えます。


  鳥海山



 旅の博士の鳥海山とつばさのツーショット写真です…(´・`)

 明日は大石田から一度は行きたかった温泉へ行きます。


旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

山形城址の桜は・・・

 満開でした(4月23日頃)…(^-^)v
 山形城二の丸跡の霞城公園は、約1,500本の桜の名所です。

 この公園の桜は並行して走る山形新幹線から楽しむことができます。

 
  山形駅のつばさ


 ということで、山形新幹線「つばさ」の車窓から撮った山形城址の桜はこちら…(´・`) (・_・)



  山型城址の桜(上りから)


  山型城址の桜(下りから)
  いずれも絞り優先AE AF F8 -1/3 SP AF 17-50mm F/2.8 (27mm相当) ISO1600 AWB 連写の中から。



     流れ行く城址の桜ふさふさと   ゆう


旅行記 | Comments(0) | Trackbacks(-)