ぞうさんとふぉと17

フォト・俳句・旅のブログ
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月

白いハナミズキが・・・

 咲き始めました。
 多くの花芽が付いているので、満開になると全体が白く輝きます…(^^♪


  ハナミズキ_2017



 一方、紅いハナミズキはこれからです…(´・`)


  花水木_平成29年
                           Photoshopでポスタリゼーションしています。
                                     いずれも4月20日撮影。


  花みずき大風呂敷を開くかに   ゆう



花水木が咲き始めると、もう晩春ですかねぇ。
早いものです。

ところで、春の主役の桜はどこまで北上したのでしょう?
スポンサーサイト
| Comments(0) | Trackbacks(-)

海棠の花も・・・

 そろそろ終わりのようです。
 ソメイヨシノに引き続いて、薄桃色の花を非常に多く付けます…(^-^)


  カイドウ
                                        4月13日撮影。

 しかし、桜と違って、写真的には難しい花ですね。

 ところで、今日は二十四節気の「穀雨」です。
 先日降った雨は菜園にとって恵の雨になりましたが、
 春野菜の植え付けはもう少し先にします…(・_・ )

| Comments(0) | Trackbacks(-)

こちらも役目を(2)・・・

 終わりました。 
 昨年、種から植えて立派に育ったネギ、とうとう「とう立ち」しました。
 後継ぎを植えなくちゃ…(´・`)

 ネギはとう立ちすると「葱坊主」、春の季語になりました…(^-^)v



     葱坊主幼い日々の我が頭   ゆう



      ねぎぼうず
      Photoshopでポスタリゼーションしています。


日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

こちらも役目を・・・

 終わりました。
 昨年、秋に植えた茎ブロッコリー、
 とうとう「とう立ち」しました。


  ブロッコリーの茎立


 ということで、先日、後継ぎを植えました…(・_・ )(´・`)

 「とう立ち」は何かの適齢期や盛りを過ぎた状態を指して言うこともありますが、
 後期高齢者になると何と言うのでしょう…(^-^)v


    茎立ちのセカンドライフ過ぎにけり   ゆう


 「茎立(くくだち)、くきだち」が季語です。

 一方、こちらは、水菜のとう立ちです。


  水菜の茎立


 いずれも後始末が大変でした。
 何事も先送りは良くないようで…(-_-;;


日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

桜の季節も・・・

 そろそろ終わりのようです。

 桜の花は散り際が潔く美しいので、古くからその風情は、
 落花、散る桜、花吹雪などと詠まれています。

 一方、ワタクシ的には、散った桜の花びらが水面に浮き流れている花筏が好きですね…(^^♪
 花筏は水の流れや風により付いたり離れたりします…
 人生のラブゲームのようです。



     花筏



     別れても寄りつ離れつ花筏   ゆう



 弘前城の散った桜がびっしりと浮かぶ堀と桜が有名です。
 撮ってみたいものです…(・_・ )(´・`)


春の風景 | Comments(0) | Trackbacks(-)